フルート 齋藤 寛 オフィシャルサイト

クロード・ドビュッシー(Claude Debussy):ムッシュ・クロッシュ(Monsieur Croche)

辛辣な批評のユーモア

クロード・ドビュッシー(Claude Debussy)は、フランスの作曲家であり、印象主義音楽の代表的な人物として広く知られています。彼の生涯や作品には、多くの興味深いエピソードが存在します。以下に、ドビュッシーの生涯にまつわるいくつかの興味深いエピソードを紹介し、その背景と意義について探っていきます。

幼少期と音楽への目覚め

ドビュッシーは1862年8月22日にフランスのサン=ジェルマン=アン=レー(Saint-Germain-en-Laye)で生まれました。彼の音楽の才能は早くから顕在化していました。父親は陶器の職人、母親は裁縫師でしたが、両親は彼の音楽的才能を見抜き、ピアノのレッスンを受けさせることにしました。ドビュッシーはわずか10歳でパリ音楽院に入学し、ピアノ、作曲、音楽理論を学びました。

パリ音楽院時代の反抗心

パリ音楽院では、ドビュッシーは既成の音楽理論や形式に対して反発心を抱いていました。彼は常に新しい音楽表現を追求し、伝統的な和声や形式を破壊することを試みました。この姿勢は後の作風に大きな影響を与えました。

リヒャルト・ワーグナー信者だった?

ドビュッシーの音楽観に大きな影響を与えたのは、リヒャルト・ワーグナーの音楽でした。ワーグナーの音楽劇「トリスタンとイゾルデ」を聴いたドビュッシーは、その革新的な和声進行とドラマチックな表現に深く感銘を受けました。

一時期はのめり込み過ぎてそのスコアを暗記していたほどでした。しかし、1889年にパリ博覧会でガムランの音響を耳にし、新しい思想が生まれました。その後はワーグナーの音楽に対して批判的な立場を取り始め、特に「ライトモティーフ(※)」について痛烈な批判を行いました。ワーグナー音楽からは決別し、彼の音楽が持つ重厚さやドラマチックさとは異なる方向性を模索しました。ドビュッシーは「音楽は言葉ではなく、色や光のようなものだ」と考え、より繊細で色彩豊かな音楽表現を追求したのです。

「ライトモティーフ」(または「ライトモチーフ」)は、リヒャルト・ワーグナーの楽劇において特定の人物、事物、想念などを表現し、象徴する音楽的な動機を指します。この手法は、ワーグナーの後期の楽劇で巧みに使用され、作品の有機的展開と音楽的統一に寄与しています

具体的には、ライトモティーフは以下の特徴を持っています:

  • 繰り返し使用: 特定の動機が楽曲中で繰り返し現れます。
  • 変奏と展開: 原形のまま用いられるだけでなく、リズムや音程が変容されて現れます。
  • 象徴的意味: 登場人物の行為や感情、状況の変化を示唆する役割を果たします。

しかし、晩年には再度ワーグナーへの回帰していったようにも思われます。

Pages: 1 2 3 4 5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です