フルート 齋藤 寛 オフィシャルサイト

楽器を大切に

今は冷静になって考えます。安ければ燃やしても、壊してもいいのでしょうか?

パフォーマンスだからと、心を鬼にしてやっているかもしれませんが、今の私には無理なことです。

どんな楽器でも楽器として誕生してい以上、楽器として扱わなければなりません。それ以前に、ものは大切にしなければなりません。日本には八百万の神というのがいて、万物に神が宿ると言われて…脇道にそれそうなので。ともかく楽器は値段に関係なく楽器です。

楽器は音楽を共に奏でるパートナーです。お互いに存在しなければ音楽は生まれないのですから。そして、応えるものです。人と同じように、大事にされているならお互いにそのように接します。乱暴な人には近づきたくないし、大事にする義理も感じません。

それは演奏でも言えることです。音量が必要だからといって、例え打楽器でも強く叩いてはいけません。痛いと思いませんか?弦楽器も管楽器も許容を超えて演奏するのは、一方通行な気持ちです。

楽器を鳴らそうと必死になっていた時、当時の先生(植村泰一先生)から教わった言葉があります。

「冷たい手を温めるような息で吹きなさい」

北風と太陽ではないけれど、感動を呼ぶ暖かさはここにあると思います。

楽器がものすごく優れていて、どんな奏法でも受け入れてしまうようなものだったとしても、強引な一方通行では振り向いてもらえない気がします。

Pages: 1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です