フルート 齋藤 寛 オフィシャルサイト

評論家

人は皆それぞれ違うバックグラウンドを持っています。それを基準に評論は展開されています。表現者はそれらをすべてを受け入れる必要は無いと思います。ただ嗜好が違うだけです。深追いすると個性を没してしまうかもしれません。そもそも、批評とは無責任なものですから。

Youtubeでは歴史的なコンサートや音源が公開されていますが、例えカラヤンの名演だったとしても、評価は100%良いとはなりません。低評価にする人もいます。

尊敬する師匠や友人、信頼に足る人の言葉はアドヴァイスとなります。それらの言葉だけが信念を後押しするものです。

シベリウスは次ような言葉を残しています。

「批評家の言うことなどに耳を傾けてはいけない。これまでに批評家の銅像など建てられたためしはないのだから。」


Pages: 1 2 3 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です