フルート 齋藤 寛 オフィシャルサイト

穴掘りのプロ

イチロー曰くプロとは、

「ファンを圧倒し、選手を圧倒し、圧倒的な結果を残す。」だそうです。

「プロ」といっても色々な「プロ」がいますからね。そこに需要があればいわゆる「プロ」ということになります。仕事は掛け算なので、

3ヶ月の職人 × 赤身 × 新鮮 ×  こだわり ×(話術、接客 × 美女・美男子 × 立地 × いい雰囲気)

自動演奏 × スタインウェイピアノ × AIプログラム × 巨匠のホログラム × コンサートホール

のように付加価値をたくさんつけて話題となれば、「商売としては」うまくいくかもしれません。

個人的には、時に100円の回転寿司をたらふく食べて満足し、カウンター寿司店で贅沢したと満足し、高額チケットのコンサートで満足し、オルゴールの自動演奏で癒やされるなど、場合によって様々な選択肢のひとつとしてあり、納得して支払えるなら、それでよいと思っています。価格が釣り合ってないと思えば次は難しいですからね。

もちろんその道のプロならば、精進を怠らないことは当然ですが、それがアマゾンの奥地で穴掘り技術を磨くなら、衛星写真で見えるくらいにならないと、そもそも気づいてもらえないかもしれません。世界中にそんな「プロ」がどんなに多いことか!


Pages: 1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です