フルート 齋藤 寛 オフィシャルサイト

アンブシュア

アンブシュア(フランス語: embouchure)とは、管楽器の演奏者が、楽器を吹くときの口の形およびその機能のことである。wiki

唇は自然な方がコントロールし易いですね。自然とは余計な所に力が入っていない状態のことです。

例えばそっと息を吹きかける。ふー。(p)

例えばロウソクの火を消す。ふー。(mf)

例えば机の消しカスを吹き飛ばす。ふー。(f)

「ふー」は「Fu」で、母音は「u」ですね。

タンギングで吹く時「Tu」。

こちらも母音は「u」です。

これらのことから、息を吹く時に自然なのは「うー(u)」だということがわかります。

口笛だって。

だからといって唇を突き出すわけではありません。あくまで自然に、です。

引いたほうが吹きやすいですか?

それは、力によって唇が締まって息が速くなるからです。

例えれば、水の出ているホースを指で摘まむようなものです。勢いが強まって遠くへ水が飛びますね。でも水は散乱してしまいます。

目指すイメージは、カメラの「絞り」のようなもの。

これはレンズから入る光の量を調整するものですが、同じように唇でも調整できないといけません。

この微細な唇のコントロールは、「u-」でないと難しいでしょう。また、息の量とアンブシュアの組み合わせは音色や音量、音域によって数えられないほどのヴァリエーションがあるので、意識して今の状態を感じながら練習するのがよいと思います。

まとめ

唇は「u(ウー)」で、真ん中に息を集めましょう。

唇を横に引いて「e(イー)」にならないように。
息が中心に集まりません。


演奏は楽しく、

でも、


アンブシュアは、


NOT SMILE


非常に大切です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です