フルート 齋藤 寛 オフィシャルサイト

どれだけ練習すればいいの?

どれだけ練習すればいいの?

仕事や学校が忙しくて、なかなか思うように時間がつくれないことも多いでしょう。そのような時は、楽器がなくても出来ることをすれば時間の節約になります。

例えば、指の練習なら楽器を握らなくても出来ます。または、タンギングや歩調に合わせたリズム練習もできます。呼吸を意識するだけでも良いでしょう。

練習時間の明確な基準はありません。何時間練習すればプロになれるというわけではなく、必ず出来るようになるという保証もありません。自分が納得できるまで練習するだけです。おのずと結果はついてくるのではないでしょうか。


Pages: 1 2 3 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です